ビーズリンガーネット工法(BRN工法)

製品情報

高エネルギー吸収型ポケット式落石防護網

ビーズリンガーネット工法国土交通省 NETIS登録 No.QS-090008-VE
令和2年3⽉NETIS掲載終了

実規模実証実験にて性能が確認された、優れた緩衝性能を有する高エネルギー吸収型のポケット式落石防護網です。

高エネルギー吸収型ポケット式落石防護網の決定版。
2100kJの落石エネルギーに対応します。

支持ロープ、ビーズリング、KT装置のトリプル緩衝機構により、最大2100kJの落石エネルギーに対応可能です。

  1. 支持ロープの滑車構造による荷重の分散と緩衝機構により、アンカーや地盤、ワイヤロープへの負担が軽減できます。
  2. 落石エネルギー別に5つの製品をラインナップ。落石条件に合わせた経済的な設計が可能です。
  3. 国立大学法人 金沢大学との共同研究で実規模実証実験を行い、全ての製品において性能照査を行った工法です。
  4. 積雪地域にも対応が可能です。実構造物において冬季間の積雪に対する安全性を確認しています。

従来工法に比べ、落石対策工のコスト縮減に貢献。迅速なメンテナンスが可能です。

イメージ

この構造図は、BRN-1300を示しています。

特徴

ビーズリンガーネットを構成する特徴的な部材

実験

「落石対策便覧」記載の「実験による性能検証法」に準拠した実規模実証実験を行い、落石防護性能を検証しています。

ビーズリンガーネット工法
全6タイプ(BRN-250~BRN-2100)実験動画【落石】